田中角栄元総理が刑事被告人になったのなら、安倍さんも刑事被告人になる日がこないとおかしい ・・・

ロッキード事件は、5億円収賄容疑だったと思います。

金額は、5億円。

今回の、アベノマスクは、466億円かな?

金額も、桁違いだし、疑惑を感じるのは今回だけではないです。

田中角栄さんが、刑事被告人になったのなら、安倍総理大臣は、もちろんだと思いませんか。

感情論とかではなく、法律論ですよ、もちろん。

コロナの件がなければ、絶対に、そんなことはありえない、と思っていたはずですが、今回のコロナは、途中段階ですが、それほどすごい出来事だと実感します。

韓国で、大統領経験者が、刑事被告人になるのを見て、なんか、違和感を感じていましたが、今は、安倍さんが、総理をやめたあとに、法律で裁かれるのではないか、と感じるようになりました。

まさに、コロナは、いろいろなものをあぶりだしていますね。

ただ、国民の一人として悩みの種が、安倍総理大臣には、ノー、自民党にも、ノー、だけど、代わりの人、党が浮かんでこない、これが一番の問題点です。

具体例が、○○議員・・・。

あと、国内問題はもちろんですが、中国の脅威に適切に立ち向かえる人に、お願いしたい。

ほくそ笑む黒川氏だが、検事総長に就任後は、その豪腕を“事件潰し”に使うのだろうか。

安倍さんや、まわりの閣僚、スタッフは、自分自身の責任逃れのための先手の打ち方は、素早い、と思います・・・・。

白井聡

|京都精華大学人文学部専任講師(政治学・社会思想)オーサー報告

この件を絶対にウヤムヤにしてはならない。「残り1社」はどこで、なぜ公開されないのか?

いまから目に浮かぶが、政府が公表を渋っていると、御用評論家・芸能人・安倍政権支持者、さらには突然大量に新設される謎のツイッターアカウントなどが、「この非常時にそんなつまらんことを詮索するな」の大合唱を始めるだろう。

森友学園問題や桜を見る会をめぐる疑惑と同じパタンである。忘れてならないが、この二件とも何ら本当は解決していない。だからこそ、安倍は検察の人事に強引に手を突っ込んだ。訴追を恐れてのことだ。

これらのスキャンダルは、それ自体実に下らなくケチ臭い。しかし、これらは安倍政権の本質(腐敗と不正)を凝縮した事件なのだ。

これら「小さなこと」が見過ごされることによって、政権は「何をやっても許される」ことになった。そう、何をやっても許されるのですよ。どんなに杜撰なコロナ対応をして国民を痛めつけてもね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする