「布マスクで国民の不安はパッと消えますよ」アベノマスクを主導した“官邸の金正恩”ってどん な人?

news.yahoo.co.jp/articles/6ae87784db5c869684856f1b3d5ccae7e557cd77

「全国民に布マスクを配れば不安はパッと消えますよ」

「桜を見る会」でも奔走する佐伯耕三・首相秘書官(左)

そんな“アベノマスク”を主導したのは、知る人ぞ知る官邸官僚だという。

「佐伯(さいき)耕三首相秘書官(44)が安倍首相に『全国民に布マスクを配れば不安はパッと消えますよ』と発案したのです。彼の進言に加え、3月に北海道の一部地域で実施したマスク配布が好評だったことも後押しとなった」(官邸関係者)

98年入省の経産省官僚である佐伯氏は13年に内閣副参事官として官邸の一員となると、安倍首相のスピーチライターとして活躍。17年7月に史上最年少の42歳で首相秘書官(事務)に抜擢された。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする