西村康稔経済再生担当相、宿泊施設21万室 を確保軽症者受け入れで

西村康稔経済再生担当相は19日、新型コロナウイルスに感染した軽症者や無
症状の人に入ってもらう宿泊施設について、全国で21万室を超えるホテルを確保
したと明らかにした。既に契約手続きが整っているのは6千室あるという。感染
者の治療に当たる東大病院を視察後、記者団の取材に応じた。

病院で不足が深刻な感染を防ぐためのマスクに関しては「医療用と同等の規格のマスク12万枚を経済界から提供いただいた。医療現場に一日も早く届けたい」と述べた。

マスクは精密機器の加工現場などで使う防じん用。ガウンも医療現場に転用できる可能性があるといい「各企業に提供をお願いする」と話した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする