いいぞっTeam-Japan>殺菌効果は半永久 ウイ ルスの不活性化を早める銅繊維シート開発 新型 コロナ

殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性化を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性化を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

自然には自然で

 群馬大学発のベンチャー企業「グッドアイ」(群馬県桐生市)と銅箔(ど
うはく)糸メーカーの「明清産業」(前橋市)が、付着したウイルスの不活性化を早める銅繊維シートを開発した。シートには、半永久的な殺菌効果があり、人体には無害。使い捨てマスクなどの上を覆ったり、電気スイッチのカバーにしたりして応用できれば新型コロナウイルスの予防策になるという。

【図解】新型コロナ予防、すぐにできる四つのこと

米国内の研究では、新型コロナウイルスの生存(活性)期間は銅の表面では4時間。プラスチックやステンレスの48〜72時間に比べて、極端に短いと報告されている。

今回開発した繊維は、銅の表面に可視光応答型の光触媒が塗布されており、光が当たると強い酸化力を持った物質が発生し、ウイルスや菌を分解する。大腸菌を使った実験では、銅繊維シートが銅単独よりも1000倍の抗菌効果があると確認された。

群馬大の板橋英之教授は「感染拡大防止の切り札になる素材で、早く世に出したい」と話す。マスクや手袋などに加工し、製造販売できる企業を募集している。【道岡美波】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする