明石家さんま、2月に「志村どうぶつ園」出演オ ファーあった「あの時出ていれば…」

-28明石家さんま、2月に「志村どうぶつ園」出演オファーあった「あの時出ていれば…」

-明石家さんま、2月に「志村どうぶつ園」出演オファーあった「あの時出ていれば…」

さんまさんらしい心に沁みるコメントですね。

志村さんの訃報を聞いてから、時間の合間にドリフターズからの志村さんのテレ
ビでの姿がよく浮かんできます。
自分でもびっくりするくらい、珍しいことで不思議でしたが、さんまさんのコメ
ント見ていて、そういうことなんだな、と納得しました。

さんまは「志村どうぶつ園」への出演計画があったことを明かした。「2月の後半に『志村どうぶつ園に出ていただけないでしょうか』とディレクターの方から何回か記念でオファーがあって。それも変なんですけれど、俺を動物だという設定で。(志村さんじゃなくて)ディレクターやで。そういう設定でいかせていただきたいと。志村さんの番組やから絶対OKするんやけれど、スケジュールがダメだった」と振り返った。

「ただそこに行っておけば、本当によかったと…。俺ら志村さんに滅多に会えない」と貴重な共演機会を逃したことを悔やんだ。

さんまは「ドリフターズという横綱がいて、我々(ひょうきん族)は小結あたりでチョロチョロと変化のある相撲を取りながらがんばっていた。ドリフがいるから、ひょうきん族があった。ひょうきん族がドリフを(視聴率で)抜いたという記事が出たんですけれど、スタッフは誰も喜んでいなかった。『あっ、勝ってしまった』っていう、横綱に胸を借り続けようとしていたのが、勝ってしまった。あの時誰も喜んでいなかったのを覚えているね。ドリフにってところでしたね。胸を貸していただいていた人たちなんで、本当に残念で…。でも仕方がないよね。ここからは俺たちが向かっていかなきゃ。ご冥福をお祈りしたいと思います」と若かりし頃のエピソードを明かしながら、故人を追悼していた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする