新型コロナウイルス感染症に関して信頼できると思った情報発信者

2020-03-30PCR検査の件

都内で感染者急増 新型コロナ患者を診る医師が、いま一番恐れていること
国際感染症センター・忽那賢志医師インタビュー#1
bunshun.jp/articles/-/36802

PCR検査の対象は「日韓で大きく異ならない」 新型コロナ患者を診る医師が報道を危惧する理由
国際感染症センター・忽那賢志医師インタビュー#2
bunshun.jp/articles/-/36805

ちょうど、昨年の今頃に88歳の母が、肺炎のため緊急入院をしました。

数日前から、少し気になっていたのですが、日曜日の朝にこれはまずい、とすぐ
に近くの病院に駆け込んで入院を直談判、当直のお医者様と看護婦さんのおかげ
で、受け入れてくれてもらえました。

約3週間の入院して、奇跡的に回復して、今では、以前と同じようにデイサービ
スやショートスティを利用できるようになりました。

そのときのお医者様や看護婦さんをはじめ、医療スタッフ、病院関係者の皆さん
には、感謝してもしきれませんが、これが、1年前でなく、今だったら・・・・
と思うとぞっとします。

我が家では、今回、新型コロナウィルスの件では、当初から神経質になっていま
すが、それは、間近で肺炎の恐ろしさをみているからです。

本当に命にかかわるたいへんな事態ですので、甘く考えないで、できるだけの備
えを各自がした方がいいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする