Windowsから脱却するためにLinuxベースの独 自OSが中国で開発されている – GIGAZINE

gigazine.net/news/20200329-chinese-operation-system/

PC向けOSの市場シェアは、2020年2月時点でWindowsが77.22%、macOSが17.7%、Linuxが1.89%と、圧倒的多数をWindowsが占めている状況です。そんなWindowsから脱却するべく、中国のソフトウェア企業が、中国内で開発されたチップに対応するOSをLinuxベースで開発していると報じられています。

Microsoft社は、OSを販売することを主眼としていましたが、今後は、Google社
の無料のロイドとスマホの関係のように、広告をメインとして考えているように
思います。

そうだとすると、OSが無料で入るのであれば、わざわざWindows以外のOSを開発
しなくてもいいのでは、となるかもしれません。

プーチン大統領がWindows XPをいまだに使い続けていることが判明 – GIGAZINE
gigazine.net/news/20191218-russia-putin-windows-xp/

先日、ある大学病院のリハビリ室を訪問した際に、そこで使われていたパソコン
のOSは、WindowsXPでした。

ですから、この記事も、別に驚くようなことではないのですが・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする