パソコンの困った・トラブルを解決する「魔法の合い言葉」を教えます

まずは、具体例から。

さきほど、「印刷がどうしてもできないので困っている」という電話がありました。

そこで、いくつかの質問をしました。

  1. いつから印刷できなくなりましたか?・・・朝はできた
  2. プリンターの液晶画面に警告は出ていますか?・・でていない
  3. パソコンのプリンターの中に以前のデータが残っていませんか?・・・残っていない
  4. 他のパソコンから印刷できますか?・・・できる
  5. メールは受信できますか?・・・・できる

ここまでの質問でわかるのは、パソコンにもネットワークにも問題はなくて、原因はプリンターだろうということです。

ただ、原因はわからない・・・困った・・・・。

こんなときこそ、パソコンの困った・トラブルを解決する「魔法の合い言葉」の登場です。

電話口の相手に向かって「魔法の合い言葉」を伝えました。

それは「困ったときの再起動」です。

今回の場合は、プリンターなので、「再起動」とは、プリンターの電源の入れ直しです。

電源を切って、30秒ほどして、電源をオンにしてもらいました。

すると、あ~ら不思議、あれほど、うんともすんとも言わなかったプリンターから、印刷物が出てきました。

めでたし、めでたし、です。

なんだ、そんなことか、というなかれです。

私のところに電話する前に、何時間もいろいろ設定などを確認して、仕事にならなかったのが、この「困ったときの再起動」で解決したのですから、これこそ「魔法の合い言葉」だと思いませんか!

今回は、私はいくつかの質問をして、プリンターが原因だということを診断できましたが、まずは、とりあえず、「困ったときの再起動」という魔法の合い言葉を実行してみることです。

7割~8割はこれで解決する、といっても過言ではありません。

どうぞ、お試しあれ

いろいろな場面でこの「魔法の合い言葉」は大活躍しますが、具体例はまた次の機会に。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする