Windows 7のパソコンを Windows 10にアップデートしようとするとエラーが出てし まってアップデートできないパソコンを Windows 10にしてみました

Microsoft が方針を変更して、 Windows 7から Windows 10に無料でアップデートできるのですが、パソコンが古かったり、いろいろなソフトが入っていると、最後の最後で失敗するということがよくあります。

そのような場合には、 Windows 7からのアップデートを諦めて、 Windows 10をクリーンインストールするという方法を取るしかないと思っていませんか?

しかし、 Windows 10をクリーンインストールすると、せっかく Windows 10がインストールできたとしても、 ライセンス認証ができていないという大問題が残ります。

そこで何とか、ライセンス認証を取って Windows 10にできないかということが、今回のテマーです。

この点について、次の方法で解決できましたのでそのご報告です。

まず最初に考えたのは、 Windows 7をクリーンインストールしてしまうという方法です。

※データのバックアップをきちんととることが前提となります。

Windows 7をクリーンインストールして、その後にクリーンインストールした Windows 7を Windows 10にすれば、おそらく失敗なく Windows 10にアップデートできるのではないかと考えました。

もしこれが成功すれば、 Windows 10になった時には、ライセンス認証ができていると思います。

ところが、これを試そうとしたのですが、手元に Windows 7のクリーンインストールの CD が見つかりませんでした。

そこで別の方法を考えました。

それは、どうせクリーンインストールしてしまうのであれば、 今のWindows 7のパソコンから、インストールしてあるソフトをできるだけ削除してしまって、身軽にしてから Windows 10にアップデートするという方法です。

実際にこれを試したところ、無事 Windows 10にアップデートすることができ、ライセンス認証も上手く出来ていました。

この方法のメリットは、マイドキュメントやピクチャーなどのデータが、そのまま残ることです。

ただし、 Windows 7の上書きによるアップデートだと、動作が重くなってしまいます。。

そこで動作が重くなる対策としては二つ考えられます。

その1

クローンソフトを使って、 Windows 10になったハードディスクの内容を SSD に移して、 このSSD とパソコンのHDDを交換する、という方法です。

今回は、この方法にしましたが、 Windows 7だったパソコンは生まれ変わりました。

データは、そのまま残っていますので、あとは、削除したソフトを再インストールすれば完了です。

なお、Windows10になると使えなくなるソフトがありますので、この点は、ご注意下さい。

その2

すでに Windows 10の認証は取得できていますので、改めて Windows 10をクリーンインストールすれば、Windows10のライセンスを認証してくれます。

もともと、Windows10のライセンスを無料で取得したい、ということでしたので、手間とアイデアで、これが可能となります。

Windows10をクリーンインストールした場合のメリット

動作が軽快になるということです。

今回、筆者が仕事でWindows10にアップデートしたパソコンは、HDDをSSDに交換して、クリーンインストールする方法がほとんどでした。

クリーンインストールのデメリット

今まで使用していたソフトを再インストールしなければいけない点と、何よりも、今までのデータを復旧しなければならない、という点です。

無事、Windows7の時と同じように不便なく使用できるようにするためには、バックアップを完璧にとることと、必要なデータだけを復旧する、という点が重要です。

最後に

クリーンインストールの場合は、手間はかかりますが、手間をかけただけのことはあって、Windows10になったSSDのパソコンは生まれ変わっています。

今も作業しているパソコン(ロホット君)は、人間でいうと、80代位ですが、まだまだ現役で十分働いてくれると思いますので、嬉しい限りです。

めでたし、めでたし

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする