ToDoリストは、いつ書いたらいいのか?

やるべきことに集中して生産性を上げるための科学的戦略3つ – GIGAZINE gigazine.net/news/20200229-psychological-strategies-work/

散歩や皿洗いといったタスクで頭がすっきりしたら、「寝る前にToDoリストを書く」というタスクを実施することも推奨されています。ベイラー大学の研究者らが行った実験では「寝る前に翌日からの数日にやるべきタスクを全て書き出したグループ」と「寝る前に過去数日に行ったタスクを書き出したグループ」の脳の活動を観察しました。この実験の結果、翌日以降のタスクを書き出してから寝たグループは、より早く眠りにつくことができたとのこと。

実験を行ったMichael K. Scullin氏は、「私たちは1日24時間年中無休の文化の中で生きており、ToDoリストを作らないことは、就寝時間に『未実行のタスク』についての心配を生み出してしまうようにみえます」と語り、寝る前に翌日以降のタスクを書き出すことは心配を軽くすることにつながると述べました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする