「歎異抄をひらく」と「夢をかなえるゾウ4」を読書してみました

「歎異抄をひらく」と「夢をかなえるゾウ4」を読書してみました

親鸞聖人の教えに興味をもち、「歎異抄をひらく」という本を読んでいるときに、たまたま、以前、図書館で予約をとっていた「夢をかなえるゾウ4」が借りられることになりました。

「夢をかなえるゾウ」シリーズは、すでに3巻を一気に読ませてもらい、あっ、やっぱり読書はいい、と思い、最近では、本当に久しぶりに、読書の時間をもつようになりました。

今回の「夢をかなえるゾウ4」も、やはり、一気読んでしまいましたが、今回は、どんでん返しがあって、今まで以上に読みごたえありました。

特に、並行して読んでいる「歎異抄をひらく」の中で、いろいろ深く考えさせられる内容と通ずることが多くて、この時期に、いいタイミングでこの2冊に出会えてよかった、と思いました。

久しぶりに読書したい、夢や生きることの意味を考えたい、という方に、お薦めの本だと思います。