広岡達朗さんと日本ハム監督のビッグボス(新庄剛志)の話し→広岡達朗の「監督論」。ビッグボス絶賛の理由、立浪采配への期待、落合博満の次期阪神監督にも言及

広岡達朗さんと日本ハム監督のビッグボス(新庄剛志)の話し→広岡達朗の「監督論」。ビッグボス絶賛の理由、立浪采配への期待、落合博満の次期阪神監督にも言及

広岡達朗さんの解説はいつもわかりやすくて納得

日本ハム監督のビッグボスの新庄剛志さん、昨年、どの球団も採用しなくて、もう日本のプロ野球はいいや、と思っていたところ、もっとすごいニュース、日本ハム監督就任に、改めて野球のニュースを見るようになりました。

私は、野球の理論などの専門的な難しいことはわかりませんが、運動の基本なら理解はできます。

基本、という点では、広岡達朗さんの解説は、本当にわかりやすくて、納得できます。

今回の日本ハム監督のビッグボス、新庄剛志さんについての解説も、本当にその通りだと思います。

出典の記事から、特にそうそう、と思ったのは、こんなところです。

きちんと理にかなった練習方法

キャンプ時から新庄を見ているけど、きちんと理にかなった練習方法をしていた。

どんなに正しいことを言っても、野球はすぐにはうまくならない。
何年もかけて根気よく教えて結果がよくなっていくのが教育というもの

育てる、ということは、こういうことだと思います。

阪神時代の新庄のデビュー2戦目甲子園での試合で解説

そもそも広岡は、阪神時代の新庄のデビュー2戦目甲子園での試合で解説をやっており、「この新庄という若手選手は、ものすごいポテンシャルを秘めています。久々にこんな選手見ましたねー」と辛口批評が十八番だった広岡が珍しく褒め、業界が少しざわついたほどである。

後出しジャンケンばかりの評論家などが多い中で、さすが、だと思います。

指導者たる者は率先垂範でなくてはならない

広岡は、新庄監督就任時、体つきを見て「鍛えているな」と評価した。
指導者たる者は率先垂範でなくてはならない考えを持ち、新庄はその点においてクリアしていた。

今季から日本ハムの指揮をとるビッグボスこと新庄剛志監督(写真左)

例えば、清原さんのYouTubeの動画を見て、彼の体型、お腹まわり、顎、などを見て、もしも、数年かけて、現役のときに近い体型になれたら、見直しますね。

私、新庄さんが監督になると聞いて、筆立てふせ、腹筋、スクワットなどはじめましたが、悲しいか、情けないことに、初日は、1回もできず、まともに20回できるようになるのに、3カ月近くかかりました。

現役当時の運動していた身体に戻す、というか、するには、これは、本当に並大抵な努力をしないと無理だと、と痛感しています。

広岡達朗さん、90歳だそうです。かっこいいですよね。

シーズン終了時の結果が楽しみ

プロ野球選手は、野球界のエリートの集まりです。

その選りすぐりのエリートが、エッセンスの極意を上手に教えることができる指導者に学べば、必ず、本来の能力以上の力を発揮して、今までと違う結果が出るはずです。

シーズン前に、新庄監督は、その道のプロに指導をお願いしましたが、エッセンスは、実は、とてもシンプルなもので、例え、短時間でも、それを伝えることは可能だと思っています。

ただ、そのエッセンスは、頭で理解できても、身につけて、自分のものにするには、ある程度の時間がかかります。

この効果は、シーズン終了までの期間、途中まではほぼなだらかで、ある時期から、急上昇する曲線を描くと思います。

その急上昇の曲線がはじまる時期が、シーズン終了前のできるかぎるの速い段階で訪れれば、このシーズンの日本ハムの成績は、とても興奮するものになると思います。

シーズン終了時の結果、とても楽しみです。

こういう楽しみを味あわせてくれる日本ハム監督のビッグボス、これは、本当にすごいことだと思います。

広岡達朗さんも、おそらく、そういうことがわかっているんだと思うんですよね。